fc2ブログ

記事一覧

5世代受けループ

一部の層に需要があるらしい(?)ので暇潰しに。
結構長くなると思うので時間がある時ゆっくり読むなり適当に飛ばし飛ばし読むなりしてください。

5世代の受けループを語る上でまず大前提としてこの時代には6世代で登場した「メガ進化」7世代で登場した「Z技」が存在しておらず現在に比べると受けを成立させやすい。
また、純正受けループだけでもそれなりにカスタマイズ性能がある。
5世代の純正受けループとは、バンギラス/グライオン/ラッキー/エアームド/ヤドラン@1(自由枠)のこと。
まずはこの純正の固定面子である5体についてそれぞれ触れていく。

・バンギラス
バンギラス

高い特殊耐久を持ちながら火力もあり型の豊富さも強力。特性砂起こしによる砂ダメスリップも重要。ご存じの通りこの時代は一度砂を起こせば他の天候で上書きされない限りは止まない。型の豊富さが強みだと書いたがこの純正受けループの並びで持ち物候補として第一に上がるのは拘りスカーフ。6世代以降の受けループ使いであれば受けループにスカーフバンギと聞けば疑問符を浮かべるかもしれないがこれにはきちんとした理由がある。この時代受けループ対策になりえるメジャーなポケモンとして上げられるのは非拘りのガブリアス(剣舞+特殊炎技持ち@ドラゴンジュエル等)、剣舞テラキオン、悪巧み霊獣ボルトロス等。純正の並びはこれらのポケモンに1匹で壊滅させられる可能性が非常に高い。しかしスカーフバンギラスなら上から弱点を突き処理することが可能である。また、6世代で登場したメガゲンガーやゲッコウガのようにバンギラスがスカーフを持っても抜けないメジャーなポケモンが少ないこともスカーフバンギラス採用の後押しになっている。後述する自由枠で先程上げた受けループ対策に成り得るポケモンに対して回答が持てている場合を除けばスカーフ以外あり得ないとまで思っている。


・グライオン
グライオン 

受けループにおけるエースポジションのポケモン。バンギラスの所で書いたように砂嵐が永続のため砂ダメが入る相手に対してはみがまもを繰りかえりしているだけで倒してしまうことが出来る。更には音技で身代わりを貫通することもなく2回攻撃のメガガルーラも当然居ないためみがまものループを崩す手段が非常に少なかった。6世代ではTODに頼らざるを得ない場合も多かったスイクンに対してもAに努力値を振ることでみがまも連打で素眠りに追い込んだ後地震+砂ダメで倒しきることが可能。このことからハサミギロチンの明確な採用理由が存在せず技構成は、地震/炎の牙or翼で打つ/身代わり/守るがほとんどだった。炎の牙はハッサム、ナットレイ、エアームド等に対して打てる。翼で打つはキノガッサを迅速に処理したい場合に採用される。燕返しでない理由だが砂ガブ等の回避系はこのポケモンの役割対象外でありそれならばグライオンミラーや対ランクルスでPP勝負で有利になる翼で打つを採用した方が有意義だから。このポケモンの誤魔化し性能は6世代以降も健在だが5世代では今より数段上だったと考えると恐ろしい。


・ラッキー
ラッキー 

今も昔も変わらず圧倒的な耐久指数を持つポケモン。メガゲンガーが居ないため一部例外を除けばほぼ全ての特殊ポケモンを数値で受けきることが出来る。特に眼鏡キングドラや蝶舞ウルガモスを安定して受けられるのはこのポケモン以外居ないだろう。技構成に関しては今と大差なく、地球投げ/卵産みが確定で残りの枠を毒々、電磁波、身代わり、ステルスロック、スキルスワップ辺りから選択といった感じ。スキルスワップは受けループ対策のゴチルゼルの影踏み、ランクルスのマジガ、スイクンのプレッシャーを奪う、後出しされるローブシンやキノガッサの特性を奪って後続の負担を和らげる等なかなか使い所のある技。BSラッキーも居たがウルガモス等に対する安定感がかなり落ちるのでBDで問題ない。


・エアームド
エアームド 

雑魚と言われがちだが個人的には受けループの必須枠だと思っているポケモン。鉢巻き竜の一貫を切れてハッサムを安定して受けられるのはこのポケモンしか居ない。持ち物は当然ゴツゴツメットで確定。技構成は攻撃技のドリル嘴と回復技の羽休めがまず確定で次に入ってくるのはローブシンや炎のパンチ持ちカイリューに対抗出来る鉄壁。BW時代は鈍いが採用されることも多かったがBW2で教え技が解禁し雷パンチローブシンが登場したことから鈍いでは受けきれなくなり鉄壁持ちが増えた印象。ラストの枠はミラーや対ラキグライ、対ナットレイ、対ランクルス、対ゴチルゼル等で役立つ挑発が最有力。他だと毒々、吹き飛ばし、ステルスロック辺りが一応候補か。物理竜の役割破壊特殊炎技を意識してDに振った個体も存在していたがそれなりに試行回数が稼がれるてしまうので急所、火傷で崩される可能性がある以上得策ではないと考えているため無難にHBでいいと思っている。


・ヤドラン
ヤドラン 

上4体のポケモンで厳しいパルシェン、バシャーモやメタグロス、挑発持ちのギャラドス等に対抗出来る枠。クレセリアと比べると数値面では多少不安が残るがこちらは強力な特性再生力を持ちバンギラスとも共存し易い。また、水複合のおかげで炎、水、氷、鋼に対して耐性があるのもかなり偉い。ゴツゴツメットはエアームドに取られているため持ち物は基本オボンの実になる。技構成はサイクルで負担を掛けられる熱湯、格闘への遂行、また破ったパルシェンを倒せる技としてサイコキネシス、ガブリアス、カイリューに打つ冷凍ビーム、足を奪う電磁波、こんな感じになるだろう。怠けるが欲しい場面も少なからずあるがオボンの実と再生力でなんとかなるので必須ではない。ハッサム、ナットレイはこのポケモンで相手するべきではないし受け出しされようものなら熱湯火傷のリスクを負わせることが出来るので炎技の優先度は低いと考えている。


固定面子5体についてはここまで。ここからは自由枠として採用される場合があるポケモンについて。

まずはローブシンとキノガッサ。
ローブシン   キノガッサ
受けループにコイツらを入れるのは意味が分からないと思われるかもしれないがこの枠は固定面子5体で不安な相手に対する穴埋め枠なので受けポケモンに拘る必要性は一切無い。そしてこの2体の採用理由として最も大きいのは対ドリュウズである。グライオン、エアームド、ヤドランは一見それなりにドリュウズに強そうだがグライオンとエアームドは舞われるとアイヘ、雪崩の怯みで普通に突破されてしまう可能性がありヤドランもステロや砂でHPが削れていると剣舞地面のジュエル地震で倒されてしまいかなり不安定。そこで高火力のマッハパンチが打てるコイツらを採用することで剣の舞を積まれた場合でもケアが効くようにするという訳である。ローブシンはそれなりに後出し性能がありバンギラスと強力な並びを作ることも出来る。キノガッサは後出し性能こそないもののここまでの5体で回答を持てていないノイクンに対して対抗出来たり襷を持てばとりあえず先発で投げて何かしらの仕事を出来る点が優秀。他には耐久に振ったドリュウズを1発で沈められる拘り鉢巻きや格闘ジュエル等も持ち物の候補になるだろう。


・ラティオス
ラティオス 

ローブシン、キノガッサに並び自由枠としての採用率が高いポケモン。アタッカーでありながらそれなりに後出しも出来るのでサイクルに参加することも可能であり、バンギラスとラティオスの並びも言わずもがなに強い。型は色々あるがまあ拘り眼鏡が無難だろう。トリックでスイクン等の面倒なポケモンを縛ったり、逆に相手の拘りトリックを読んで繰り出すことも出来る。キノガッサに対しても強く寝言を持たせれば後出しも可能なのでガッサスイクンの並びに対する回答にも成り得る。バンギラスの所で書いた非拘りのガブリアス、テラキオン、霊獣ボルトロス等への回答になるポケモンというのもこのラティオスのことでコイツを採用するのであればバンギラスを拘りスカーフ以外の型にしてもいいだろう。


・ドクロッグ
ドクロッグ

自慢のスイクン対策として採用されることがあるポケモン。特に対ノイクンの性能はピカイチで後出しから完封することが出来る。キノガッサやバンギラスに対してもそこそこ強い点は評価出来るが数値が低く役割対象以外に対する後出し性能は皆無。また、ドリュウズに対して非常に弱くなってしまうのが残念。


・ヌオー
ヌオー

積み対策として採用されることがあるポケモン。ハマれば強く相手の選出次第では3タテもあり得るが如何せん数値が足りていない。印パルシェンとかに普通に負ける。


・パルシェン
パルシェン

普通に殻を破って殴ることも出来るが耐久に振ってスカーフを持たせることで物理竜を後出しから狩ったり、毒菱を撒いたりと意外と出来ることが多い。


・ヤミラミ
ヤミラミ 

数値こそ低いものの弱点がなく、特性悪戯心が強力。トリックで満腹お香、後攻の尻尾を押しつけて受け回しを成立させやすくしたりグライオンで上からハメたり出来るのは面白いと思う。


挙げればもっとたくさん居るがまあこの辺で。

立ち回りとかについては基本的なものは6世代と一緒。
まあ実際やってみた方が分かると思うので暇な人は5世代SDやりましょう~(^0^)/

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント